FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々・窪之内英策先生のあくとちゃん作ったった 〜ゆるふわおやじ〜

 折角なんでツイッターにあげたもう一つの方も。

IMG_2080.jpg 

ゆるふわおやじのストラップチャーム的なものです。
IMG_2075.jpg 

IMG_2076.jpg 

パーツ構成はベレー帽、頭、体、マフラーの4パーツ。

IMG_2402.jpg 

大きさはストラップチャームにぴったりじゃないかと思います。

元ネタはエイサク先生の「ゆるふわおやじ」シリーズの中で描かれた
「勝手に商品化シリーズ ゆるふわおやじストラップ」

そのまんまですね。

「なんちゃってグッズ」というモチーフに制作意欲が湧きました。

完成したのは2015年の10月末頃。

ツイッターにアップする気まんまんだったんですけどね、
アップ用に画像も縮小したりしたんですけどね、

11月に入っていきなりツイッターに画像アップが出来なくなっちゃったんです。
っつかツイッターがブラウザ対応できなくなって
簡易的なスマホ用の表示しか出来なくなっちゃったんです。

理由は分かってました。


使ってるMacがメチャクチャ古い。当然OSも古い。
具体的に言うと10.4使ってました。

数ヶ月はこの状態でなんとか使ってましたが、いよいよ他にも支障が出てきたので
2016年8月にやっとこさこのMacでアップデートできるVerのOSを購入、
現在に至るという訳です。

そんな訳で、見るだけで全然ツイート出来なかった期間が長かった影響なのか、
ツイートすること事態すっかりご無沙汰になっちゃってめっきりツイートが減っちゃった、と。

さて閑話休題。

このゆるふわストラップ、素材がレジンなので
実使用には向いてません。すぐにポキッと折れちゃうし周りもキズだらけになっちゃうでしょう。
キン消しみたいな軟質素材だったらいいんだけど
素人には簡単に手を出せないし。あと塗装もすぐハゲそう。

メガネですが、写真のヤツはイベントで購入したエッチングパーツなんで
今手に入らないです。五菱さんの出ているエッチングで合うのがあればいいんだけど。

スノードーム等のガラス球に入れてディスプレイするのがよさそうかな、って思います。

こちらも頒布は考えてないけど
とりあえず10個複製はしてあるんだ。
 
スポンサーサイト

続・窪之内英策先生のあくとちゃん作ったった

あくとちゃん、ようやく完成&お披露目する所までこれました。

そもそも作り始めたのが2014年9月下旬、
IMG_1317.jpg  

この画像↑が一番古いヤツ。

ここからファンドを捏ねまくって行く訳ですが、
IMG_1892.jpg  

はい、途中画像もなくいきなり全身完成状態。
IMG_1890.jpg 
分割は上からカチューシャみたいな装飾、髪の毛、顔(首含む)、襟、上半身の肌部分→
IMG_1893.jpg 
腕は袖、肘から下、手首の装飾、手首の4パーツ、ボディ、腹部(ホットパンツまで一体)→
IMG_1894.jpg 
足とスネの装飾、靴、靴のベロ、となってます。

この段階では、髪と頭、足のスネ部分の装飾も別パーツですが
複製の段階で髪と頭を接着、スネの装飾も接着しました。

頭部はたしかシリコーンゴムの量の問題(別パーツにすると使用する量が大幅に増える)で、
スネの装飾は筒状のパーツの複製が難しそうだった為。

ワンフェス用の原型製作・複製と合わせての作業だったのですが
メインはワンフェスになってしまいます。だから
先ずはワンフェス用のシリコーン型を取った後、注文したもののまるまる使わなかったシリコーン一個と
少し余ったヤツで半分程のパーツの型を作ってレジンで複製、
その次のワンフェスの時にも同様に、残ったシリコーン&レジンで残りの半分のパーツを複製して
一年がかりで全パーツが出来た訳です。

その後、塗装となるんですが、夜はコンプレッサー使えないんで塗装出来ない、とか
次のワンフェスの原型製作だとか、なんだかんだで手が動かず
ようやく一気に塗装して完成に至る、という事でございます。

その塗装も、
最初に肌色吹いたら思いの外濃くなっちゃって一旦落として塗り直し、
ガレキはサフレスで塗るんですが、
原型の表面処理が甘かったんでしょう、塗料を吹いたらヤスリ目が目立つ目立つ!
単に自分のツメの甘さが原因なんですけど。

念入りに中性洗剤で新しい歯ブラシ使ってゴシゴシ洗ったのにも関わらず
ボディを塗った後のマスキングテープで塗装が持って行かれて、
先の表面の残念なヘアラインの事もあって全身やすって塗り直し、
2回目のマスキングはゾルを使ったらテープ以上に粘着が強くてまたも塗装が剥がれる。あぁそうだったな、ゾル。
そしてテープでマスキングし直して3回目の同じ場所の塗装。

やっぱり少し剥がれたけど、もう最後にリタッチすりゃいいや、って割り切り
その後は割といいペースで全パーツのラッカー塗装完了、

装飾パーツについてる半球状の青い石?的なものは
ダイソーで売ってたネイル用のストーンを付けてみたけど今イチだったんで
同じくダイソーで売ってるUVカラーレジン液でレンズ状に盛って硬化後にクリアブルーで塗装。

後は目をエナメルで描いて、パステルでチークと唇にピンク入れて、
最後に唇にグロスポリマーメディウムで艶出して終了、完成に至りました。

自分で組んで塗装しての感想は
組み辛い&塗り辛い。不親切なキットだなぁ、と。
細かい所(黄色の渦巻きラインとか靴のソールの段差とか)の処理が甘くてキレイじゃない。
先に述べた通り、表面もヤスリ後とか結構目立っちゃってて
悪い意味で昔のガレキみたい。今回は細かい修正はせずにガーッと塗りましたが。

まぁ頒布目的ではないからね。

それでもこうやって完成させると手前味噌で恐縮ですが、
ほぼイメージ通りに作れたな、というのが正直な感想です。ウン、満足!

折角なのでもうちょっと 〜続く〜

窪之内英策先生のあくとちゃん作ったった

ご無沙汰しております かまいたです。

夏のワンフェスの記事を更新しなかったのがいけなかったのか
次のワンフェス、2018冬ですが 

落選しました!
あー・・・やっぱりあるんだねぇ、自分が参加させて頂いてからずっと当選続きだったんで
ちょっと油断してた。

という訳で次のワンフェスはお休みです。
原型はほぼ出来たんですけどね。もちろんシェンムーネタですけどね

で、表題の件ですが、先程ツイッターにあげました。

IMG_2731.jpg 
モーション製作・CG・キャラクター製作・Webサイトのデザイン等を手がける
株式会社ACT-AGE(アクトエイジ)様のキャラクター、あくとちゃんです。
キャラクターデザインは大好きな窪之内英策先生!

IMG_2732.jpg 
IMG_2733.jpg 
IMG_2734.jpg 

お尻の所、黄色い丸の中央に付くハズの青い半球状のパーツを作り忘れてるの、
塗装してる最中に気がつきました。
いいサイズのハトメ等、使えそうなのが手に入ったら修正するつもり。

ワンフェス等のイベントで頒布する、というのではなく
あくまで個人的な物なので、4セットだけ複製しました。
IMG_2735.jpg 
彩色したのは2体。テスト的なもの。
IMG_2738.jpg 
IMG_2740.jpg 

顔のアップ。エイサク先生の絵っぽく!を念頭に描いてみました。
IMG_2736.jpg 
IMG_2737.jpg 
IMG_2742.jpg 

配色はツイッターに上がっていたエイサク先生のコピック塗りのカラーリング仮決定バージョン、
画像をプリントして、それを参考に調色していきました。



作り始めたのは2014年の9月後半。
なんでこんなにかかったかっていうと・・・

〜次に続く〜

オリジナル子さん 2体目

 ここ数日はすっかり半袖で出歩いてます、かまいたです。

14日以降、熊本から始まった九州地方の連日の地震、
数日は夜間NHKをつけっぱなしでした。

で、表題

昨年からファンドを捏ねるのがすっかりライフワークとなってますが
2014年の9月26日にアップして、
今年の1月9日に頭だけ塗装したオリジナルの女のコ、
IMG_1324_convert_20160420011059.jpg 
IMG_1320_convert_20160420011025.jpg 
 
IMG_2131_convert_20160109064210.jpg 

このコに続いて2体目も捏ね始めました。

IMG_2248_convert_20160420011456.jpg 
IMG_2249_convert_20160420011521.jpg 
IMG_2250_convert_20160420011545.jpg 
IMG_2251_convert_20160420011610.jpg 
IMG_2252_convert_20160420011634.jpg 

WFの原型も粗方目処がついたしね。

で2体目ちゃんですが
上はビキニで下は前回と同じくショートパンツ。

最初のコの時から作ったコンセプトが同じなんで似た様なファッションになってしまいました。

このコも髪とショートパンツが取れる様になってます。

これは
作る人が好きな髪型(ロングだったりショートだったりボブだったり)を
ファンドなりエポパテなり使って自分好みのスタイルに出来たら面白いかなーと、
下も同様にタイトスカートとかデニムのパンツとか
これまた好きなスタイルにいじれたら楽しいかも、というのが理由です。

トップスもTシャツにしたりタンクトップにしたりコート着せたり
後から出来る様に露出多めな訳です。

因みに最初のコの胸が控えめなのも大きいのがいいなと思ったら盛れるけど
最初から大きく作ったら削る方が大変だろうなって思ったから。

カスタム前提のフィギュア、って感じですか。

もしこのコ達を販売する事が出来たら・・・とかアレコレ想像乍ら作っています。

妄想って楽しい!!






ジオラマの爆風エフェクトを作ってみた。

去年はひたすら原型製作にあけくれて
気がつきゃ一個もプラモ作ってませんでした。 かまいたです。

ただ、ファンド捏ねる途中の息抜きに作っちゃー止めて、 な
食いさしみたいなヤツはいくつかあるんだけれども。
NS500はデカールの調達で手が止まっちゃったり
旧キットの百式とガブスレイも切り刻んだ所で止まっちゃってたり。

その中の一つ、2012年の1月に買ったガンプラをジオラマ?ヴィネット?的なものに
しようとちまちま作ってるんですが
それに使う爆風エフェクトをどうやって作ろうか、と悩みました。

綿→どうにも繊維が見えるのがイヤ。いかにも”綿!”ってのがどうもね。
ウレタンフォーム→良さそうなんだけど電飾仕込むの大変そう。
クリアレジン→お高い!

等と色々考えた末に思い浮かんだ方法で作ってみました。


IMG_2162_convert_20160302110312.jpg 
先ずはもう作ってあるベースの上に紙を敷いて
その上にプラモを置いた状態で作りたい爆風の形を大まかに描いて、
それを元にスタイロフォームを切り出します。
(スタイロフォーム・・・ホームセンターのDIYとかで売ってる発砲スチロールみたいなヤツで断熱材とかに使う。
仕事で出た廃材で勿体なくて取っておいたもの。カッターでサクサク切れます。)

カッターでざっくり爆風っぽく凹凸をつけます。所々指でむしったり。
表面が滑らかになる様、表面をスポンジやすりで少し整えたりライターで炙ったりしてみました。

IMG_2166_convert_20160302110342.jpg 

つなぎ目をホットボンドで止めて上から木工ボンドをだばーっとかける!
本当はシリコンコーキングのクリアでやってみたかったんだけど
作業場にあったのが未開封のヤツで勝手に使えなかった・・・
結果的には木工ボンドで良かったみたい。

ボンドは硬化すると透明になりますが厚く塗ると白のままなので
なるべく透明になる様に薄さを意識しながら3回くらいぶっかけます。(ある程度の厚みも持たせたい為)

丁度100均で買って使ってなかったUVレジンもかけたけど
一本じゃ手前側くらいでなくなっちゃった。でも表面がツルリとする&強度が出るのでこれもアリかな。

少し経つと結構垂れ落ちてくるので、垂れたのをすくってまたかけたりします。

※下にはクリアファイルを敷いてます。ボンドとかくっついても簡単に剥がせます。

IMG_2168_convert_20160302110551.jpg 

ボンドが乾いたらクレオスのツールクリーナーをスポイトでぽとぽと垂らすと
スタイロフォームが面白い様に溶けていきます。
溶け出たトロトロのやつをティッシュで拭いたり、溶けて固まったのをピンセットで
つまみ出したりして木工ボンドの皮みたいなのが出来ました。
ホットボンドが黒くて目立つのでそれも取っちゃいました。

ツールクリーナーで溶かした直後の状態だとすっごくグニャグニャです。
乾いてもカチカチにはならず、硬めのビニールっぽくなります。

IMG_2169_convert_20160302110621.jpg 

底の穴に合わせてプラ版を切り出し、100均の台所用アルミテープを貼ってみました。
LEDを通す為の穴も開けました


IMG_2192_convert_20160302110655.jpg 

底板をはめてホットボンドで止めます。
ホットボンドをつけてすぐにベースに押し当てて、ベースの凹凸状に固まる様にやってみました。


IMG_2196_convert_20160302110727.jpg 

そして出来たものを塗装したのがこちら↑

塗装はクリアーイエロー拭いてからクリアーオレンジ、最後にフラットベースを混ぜたフラットクリア。
奥の黒っぽいのはイエロー&オレンジの後に濃いグレーで。
底板を付けた事でなのか、しっかり硬化したからなのかグニャグニャ感がなくなりました。

この後仮置きしたらプラモとの間の隙間が目立ったトコロがあり、
小さい爆風も同じ方法で3個作りました。

後から作った方は表面のヤスリがけ、ライターで溶かす事を省いたけど特に問題ないみたい。

と、こんな感じで身の回りにあるものでお金をかけずに
爆風エフェクト、作ってみました。 まぁ想像通りの出来上がりかな。

木工ボンドは所々白い濁りのムラがあったり、結構気泡も入りますが
爆風エフェクトなんでそのあたりのランダムさもかえっていいのかな、と。

あとは電飾して完成!となるのですが

5㎜LEDと拡散キャップがナイ・・・

500円するかしないかの買物に1,000円以上の電車賃かけるのがイタいんです。
まぁ電子パーツ以外に必要なものもあるんですが。

作った後にネットで爆風エフェクトを検索したけど
化粧用のコットンの中の綿とかキメが細かくて思ってたよりいい感じになるかも。

今度挑戦してみるかな。
プロフィール

かまいた

Author:かまいた
いろいろ作ったり
絵を描いたり
やりたい事はたくさん

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。