FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窪之内英策先生の個展に行ってきました

先日大洗に行った時に海水をたっぷり汲んできて
ようやく水槽の掃除をしました かまいたです

水変えたら、
割と長く生きてる5センチくらいのハゼ2匹が
狂った様に活発に泳ぎ回って父が「地震でも来るんじゃねーか」と不安になってます

今月3日から吉祥寺のリベストギャラリー創で始まった
窪之内英策先生の個展 まむがや大図鑑

まむがや大図鑑_convert_20140404182601
行ってきました!

英策先生といえば、高校時代に『ツルモク独身寮』に出会って以来、
大好きな、そして尊敬する漫画家さんです。

絵を描き始めた頃、その画風・センスに憧れて
漫画のトビラ絵や挿絵の構図・雰囲気を真似してひたすら描きまくってた、
お手本にしていたのが江口寿史先生、
窪之内英策先生でした


ツイッターを始めて少ししてから一方的にフォローさせて頂きましたが
頻繁にアップされる絵が毎回すごくて、
保存して年毎に”
窪之内英策フォルダ”を作ってiPodに入れちゃったりしてます。

そんな先生の初の個展!
そして「多分これが最初で最後との事で
これは何としても行かなければ!、という焦りにも似た気持ちにグイグイ押されて
ネットで乗り換え調べたりしてウチを出ました。

12:30に吉祥寺に到着、迷う事なく
リベストギャラリー創に到着、
中は既に結構な人が入ってました。
入ってすぐ脇のテーブルで図録と、
昨年10月のグループ展で発売された画集『KIDS ARE ALRIGHT』を購入。

図録も勿論ですが
この
KIDS ARE ALRIGHT』、前回行く事が出来ずにずっと後悔してたのが
また販売される、というのも今回どうしても行きたかった理由のひとつです。

図録にサインして頂く整理券も貰って、後はひたすら絵を観続けました。

全ての壁を埋め尽くす、大学ノートに描かれたイラスト!
本当にノートからの一枚一枚をそのまま貼ってあって
鼻息で紙がフワッってなっちゃうくらい近づいて観れるので
お宝鑑定団の某氏の如くハンカチタオルを口元にあてがって筆遣いを目に焼き付けました。

真ん中のテーブルの島にはマンガの生原稿!
プロの作品をこうやって見る機会なんてそうあるもんじゃないと思います

生々しい鉛筆描きの状態のもの、ペン入れされたもの、着彩されたイラスト
着彩されたものでもイラストによって
それぞれ塗り方、線の描き方に違いが色々あって・・・

これ以上シロウトが言うのもアレなんで自重しますが
とにかく
プロの漫画家の仕事というもの…というよりは
かまいたが思い描いていた以上
英策先生の魅力、引き出しの多さを改めて体感できました。

あと
鉛筆描きの絵を観て、
あぁ、至極当たり前だけど普通の鉛筆普通の紙に描いてある・・・
線も一発で描いてる訳じゃないし消しゴムの跡もあって なんか身近な感じがする
けど
とてつもない量の経験と技術・知識の引き出し、身につけたテクニックを自在に駆使して
この絵は描かれているんだなぁ、っていうのがビリビリ伝わってきて やっぱり雲の上の人だ

という、なんとも言い難い不思議な気持ちになりました。

不思議な気持ちといえばもう一つ、
絵本の『ロボ太とロボ子』を手に取ってページをめくり、読み終わって表紙を戻した時、
表紙の立体的なロボ太とロボ子見た瞬間、ドキッとしました。
なんだったんだろう

番号が呼ばれてその場で図録にイラストと、名前(○○さんへ)もサラサラッと入れて頂き
握手までして頂いてもう・・・
先生が両手で握手してくれたのに
こちらの片手が図録の袋で塞がってて片手で握手しちゃったり
緊張しまくって何か「頑張って下さい!」的なアホな事言っちゃって、直後にうわーーーってなったり。
お伺いしたい事とかあったけど頭の中が真っ白になっちゃいました(ノД`)

もうね、
テンパって失礼な事しまくった感が否めません。

展示されたイラストですが
一通りじっくり観たつもりでも
「あっ!自分ココのこういう描き方が苦手だったんで先生がどう描いてるか確認しよう!」と
いった感じで3巡4巡、イヤそれ以上見直してましたが
かなり混んできたのでギャラリーを出て帰途へ付きました。

今回、ブログ用にギャラリー全景とか入口とかの写真とか撮りたかったけど
カメラは持って行きませんでした。

今回の様な個展、実は2回目でよく分からないんですが

よく美術館とか京都・奈良のお寺の仏像とか「撮影禁止!」ってのが
普通だったんで、それもあってカメラ持っていかなかったけど

ギャラリーに来てた皆さん、作品をバシバシ撮ってて あれ? って思っちゃった。

かまいたはカメラを持っていかなくて正解だったと思います。
生の絵の力を
ファインダー越しじゃなくて自分の両の眼で焼き付けようという意識が強く持てたから

でも先生にサイン頂いた後に一緒に撮ってもらえたんだよな・・・あぁ

そんな個展で今回購入したもの
IMG_0747_convert_20140404195252.jpg
図録と念願の
KIDS ARE ALRIGHT
あとサイン頂いた後に『レイコは元気!』缶バッジも購入(*´∀`*)
これ打ってる今、頭の中に『唱歌 スキー』が流れてきた

そういえば来月は江口寿史先生が同じ場所で個展を開くそうな。
行けるかなぁ 行きたいなぁ





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

かまいた

Author:かまいた
いろいろ作ったり
絵を描いたり
やりたい事はたくさん

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。